ガスコンロは電池で動いて…

体験者:Mint

公開日:2019/05/15 23:15:46

だらしない話で恥ずかしいのですが、その日、私はいつも通り20時頃に仕事から帰って来て、会社が遠くて忙しく毎日12時過ぎに帰宅する夫の夜食を作ろうとしたらガスコンロが点火しなくて超あせってしまって、こんな遅い時間じゃダメかなと思いながら、数ヶ月前に給湯器を交換した時の業者さんに名刺をもらっていたので電話をかけてみたんです。
そしたら今遠くにいるから早くても22時頃になると言われて、今日はあきらめて夫の夜食は外に買いに行こうか(冷凍食品だと怒るので)と思ったのですが、近くのスーパーは時間的にギリだし明日仕事は休めないしどっちみち直らないと困るので、その業者さんが来るのを待つことにしたんです。

まだ2時間ぐらいあったので先にお風呂に入って、お肌のお手入れとハーブティーを飲みながら雑誌を読んでといつものお決まりルーティーンをしながら待っていたら、21時過ぎぐらいにピンポーンって鳴って、あれ?誰?まさか業者さんがもう来たってことはないよな?と思いながらバスタオル姿のままで急いで出たら業者さんで、早かったですね???って聞いたら、前の現場に2人で行ってて1人で大丈夫になったから早く来れたみたいに言ってて、とにかく私は何か物が壊れるとすぐ夫に、
「おまえが壊したんだろ!ちゃんと掃除してないからだ!」
と怒鳴られるので、なんとか夫が帰って来る前に直してさえもらえればと…

で、さっそくコンロを見てもらって、その間に服を着に行こうとしたら、1分もしないうちに、
「あ~これ、たぶん電池ですね。」
って業者さんに言われて、え?電池?え?電池って何ですか?
って聞いたら、なんかパカッと開けて、そこに電池が入ってて、
「あ…そうですね、この一番大きいの2つあります?なければ持って来ますけど。」
って言われて、実は私、そんなところにフタがあってそこに電池が入ってて、コンロの火はそれで点いてるって知らなかったんです(笑)
もちろんそれは業者さんには言いませんでしたが、新しい電池を入れたらすぐ点いて、助かりましたー!と業者さんを見たら笑ってて、その笑顔が素敵というか、たぶん夫と同じ30代後半から40代ぐらいですが、近くで見たら意外とイイオトコだったんだ…と。

給湯器の交換の時は夫がいたので私はよく見てなかったのですが、そういえば給湯器のスイッチ入れてもなかなかお湯が出てこないんですけど…電池ですかねぇ?と聞いてみたら、
「え!は?そうなんですか?」
とそっちも見てもらえることになって、キッチンの水を出してるときに私も業者さんにピッタリくっついて見てたら、
「あの…奥さん、服着た方が…。」
と私の胸のあたりをちょっとエッチな顔つきでチラチラ見てて、私もそうは思ったのですが、業者さんが私のことを意識してると思ったら意地悪したくなって、お仕事の邪魔ですかぁ?と言いながら体をグイグイくっつけてみたんです。そしたら、
「あ、いや…。」
とか言いながら困ったようなような嬉しそうな顔をしてて…

私は業者さんのズボンの前の部分がふくらんできたような気がして、こういうガテン系みたいな人のおちんちんって大きいんだろうな…この人のも体格いいからきっと大きいんだろうな…とかエッチなことを考えてたら、業者さんは、
「細いな…細いな…」
とかブツブツ言ってて、そしたら急に、
「これ蛇口、交換とかしました?」
って聞かれて、え?あ、はい、なんか根元から水が漏れてて、しばらくタオル巻いてたんですけどダメっぽかったらこないだ交換してもらいましたけど?と言ったら、水を止めて今度はキッチンの下の扉を開けて、中で何かゴソゴソし始めたんです。
そこにも電池が入っているのかな?と私も覗き込もうとしたら出てきて、また水を出して、そしたら給湯の赤いランプが点いてお湯が出て来たんです!

そしたら業者さんは、
「これたま~にあるんですけど、というか業者がちゃんとやって行かないと本当はおかしいんですけど、水道絞り過ぎで給湯器が反応してなかったんですね…。」
とかなにやら真面目な説明が始まって、
「ずっと冷たいまま使ってたんですか?」
と聞かれ、ハイ♪と答えたら爆笑してて、私はまた、ホント助かりましたー!と今度はちょっとわざとらしく抱きついたんです。
業者さんはまだ何か説明したい事があったみたいなのですが、私が離れないでいると大人しくなって、私のお腹の下のところが業者さんのおちんちんに当たってたのでグイグイしてたら、ダメですダメと言いながら大きくなってきてるのがわかって、私はそれを手で触りながら、これは何ですかぁ?みたいに業者さんの顔を見てたら首筋にキスをされて、それから今日のお礼ですみたいな感じにしてフェラを…

業者さんのおちんちんはちょっと汗臭かったですが私の想像通り大きくてエロかっこ良くて、私は今までそこまで立派なものを口にしたことがなかったのですごく興奮してしまって、家のキッチンだというのにフェラしながら自分で乳首とおまんこを弄って感じまくってしまいました。
でも、業者さんは黙ったままだったので、ふと、業者さんはこんな淫乱な人妻みたいなのはイヤなのかな…だからフェラされても気持ち良くないのかな…とか考えてしまい、時計を見たらまだ10時半ぐらいで、でもここまでかな…と思ってたら、業者さんは私を立たせてキッチンに手をつかされて、後ろからおちんちんを入れてきました。
私は欲しくて欲しくてたまらなくなっていたのですごい声を出してしまって、立ちバックで何度も奥までガンガン突かれておちんちんがおへそから出てくるんじゃないかみたいな衝撃的な気持ち良さでイッてしまって足がガクガクになって…最後はまたフェラをしてあげて、口の中にイッパイ出してもらいました♪

↑ページの先頭へ

COLLABORATED By

・動画の再生には最新のOSをインストールしてください。
・画像及び動画はイメージであり本文内容とは無関係です。
・掲載コンテンツの無許諾転載及び引用等は固く禁じます。